Mayaさんの働き方が凄い!

昨日のMayaさんの生放送。Mayaさんが長時間配信を日常的に行っていることについて、配信者仲間のおぐらたかしさんが質問している場面が非常に面白かったんです。Mayaさんったら、12時間以上にわたるゲーム配信でも「疲れない」と言い切るんですよ!

毎日毎日、十何時間配信とかじゃないですか。体力オバケだなって思いますよ

テンションあげてやってるわけでもないからな。話しまくってるわけでもないしね。疲れるってのは気合入れすぎてるだけなんじゃない?元から省電力って感じでやってるだけだけどね


そこでリスナーさんから「もう『配信は生活の一部』ってことですかね?」とコメントがきます。

(コメント見て)まあ生活の一部…うーん


だってまやさん何も予定がない日とか絶対配信してるでしょ。それ、もし「配信しなくていい」ってなったら何します?


…分からんな


絶対配信をしてるから、分からないんでしょ(笑)



目から鱗でしたね。

もし配信時間=労働時間と捉えるなら、Mayaさんの仕事内容は相当ブラックです。深夜から始まる15時間労働、とかですからね。でもおそらくMayaさんは「ホワイト」だと感じている。配信が日常的で気負いがなく、自然体だから疲れてないんです。「仕事をするぞ!」なんて思ってない。なのに収入はすごいことになっている(年収3000万?と聞かれても否定しませんでした笑)今すぐ真似したい仕事の仕方だと感じましたねー。

これ、別に1つに絞らなくてもいいと思うんです。2種類でも3種類でもいい。ほら、MayaさんだってよくPUBGカスタムを4時間やって、飽きたらPUBGをソロで4時間くらいやって、また飽きたら今度は信長の野望を始めて、計15時間とかじゃないですか!……やっぱこの人やべぇかも。でも考え方はこの通りなんですよ!

人生のすべてを仕事にしよう。


例えば僕たちが3時間の労働をしてその後息抜きに3時間ゲームしたとしたら、本来は「仕事3時間+遊び3時間」ですよね。でもそのゲーム自体が収益に繋がっていたら、その両方が「仕事」となり計6時間労働したってことになっちゃいますよね。

さらに我々は、ご飯を食べたりテレビを見たり、「『何か』をしたらまた次の『何か』をする」の繰り返しで一日を過ごします。てことは、もしその『何か』を全部仕事にできたら、起きてから寝るまでずっと働いてるってことと同じですよね。8時間睡眠なら残り16時間はすべて労働。下手したら24時間労働だって夢じゃない。人生のすべてが仕事になるってわけです。

これを見てください!



Mayaさんなんか、お刺身食べてるだけで投げ銭が飛んでくるんですよ!誰かが喜んでお金をくれるなら、飯の時間すら仕事です。仕事=大変って発想が間違ってるんですね。お金になればどんなことでも仕事ですよ!自分の人生はどうしたらお金に変えられるのか?それを考えることが必要なんです!

濃いファン層が収入を安定させる。


この「人生を仕事にする」って発想はかなりイケてる。だって、それを好きだと思ってくれた人はその人自身を愛してくれてるわけですから、滅多なことでは離れていかない。その人がこの先どんな活動をしたって、応援してくれるはずなんです。濃いファン層を形成できるんですよ。Mayaさんのスポンサー登録数は非常に多い。「Mayaさんの為なら毎月定額でお金を払ってもいい」って思う人があんなにいるんですよ。凄いことです!

人生そのものを仕事にしましょう。最強のホワイト企業、ここに誕生ですね。


スポンサード リンク